アフターピルは通常クリニックなどで処方されてるお薬ですが、保険適用外となり自由診療になるため処方を受ける場合どうしても価格は高額になってしまいます。それではアフターピルを安価で購入するための方法についてご紹介いたします。

アフターピルの価格について

アフターピルは避妊が失敗した際に緊急避妊として用いられる方法で、基本的には中用量ピルを使ってホルモンバランスを変化させ、排卵を抑制するか人為的に生理を起こし、受精および着床を不可能にさせます。
性行為から72時間がタイムリミットで、その成功率は80%以上とされますが、早く使用すればそれだけ避妊の成功率も高まります。
アフターピルには2つの方法が存在し、ひとつはプラノバール錠を用いたヤッペ法で、1回に2錠を服用し、12時間後に再び2錠を服用する方法です。
急激なホルモン変化によって、めまいなど体に様々な副作用が起こるので、ある程度は覚悟して使用する必要があります。
アフターピルは医師の診察を受けてから処方される医薬品で、避妊については健康保険が適応されないことから、購入には全てが実費となります。
ヤッペ法は合計で4錠のホルモン剤を使用しますが、これだけで7,000円前後は必要となります。
ヤッペ法に対して、もう一方の方法はノルレボ錠を使用した避妊方法で、こちらはヤッペ法の欠点を改良しており、1回に2錠を服用するだけで終了することから飲み忘れがなく、副作用も少ないものとなっていますが、15,000円以上の高い費用が必要となります。
どちらを使用しても高い避妊率となっていますが、確実性はなく100%ではないので、最終的な避妊方法として理解しておきましょう。
アフターピルが高すぎて困るという人は、海外のネット通販を利用した購入も可能です。
ただし、ネット通販では医師の指導による服用ができないので、間違った使用方法で避妊が失敗することもあるため、使用方法を確認しておく必要があります。
どうしても不安がある場合は、病院の処方を選ぶようにしましょう。

アフターピルはなぜ保険適用外なのか

アフターピルは避妊に失敗した時に服用する緊急避妊薬です。
配合してある女性ホルモンの働きにより、体内のホルモンの値を変化させることにより、妊娠することを避ける薬になります。
購入する際には医師の診察を受けなければならないため、産婦人科などで処方箋をもらい購入することになるのですが、その際に健康保険を利用することができません。
そのため、1回の服用分で10000円~15000円ほどの費用が掛かることになります。なぜ、アフターピルは保険適用外なのでしょうか。
病気や怪我の治療を行うためには、多くの費用が必要となります。
健康保険は働いている人や事業主などがお金を出し、わずかな負担で医療を受けられるようにしているものです。
国民の誰もが平等に健康的な生活を送るために医療を受けることを目的に設立されているもののため、避妊のように、いわば個人の事情によって妊娠したくない、というようなケースでは利用することができないのです。
しかし、アフターピルを服用する人の全てが避妊の失敗などの個人の事情というわけではありません。
性的犯罪などに巻き込まれてしまった人の場合には、一度窓口で全額を自費負担した後に、アフターピルの代金や治療にかかった費用が返還される制度があります。
その際には性犯罪であるということを立証するために、まずは警察に連絡してから診察や治療を受けることが必要となります。
アフターピルは保険適用外のため、病院で処方してもらうのに保険証は必要ありません。
かかりつけの産婦人科ならば持っていかなくても大丈夫ですが、初めていく病院の場合、カルテを作成するために保険は適用できないが保険証が必要というケースがあります。
万が一のために受診の際には保険証を持って行くようにしましょう。

アプターピルが購入できる通販サイト

性行為を行うという事は妊娠する可能性があります。
そのために、妊娠をしないようにコンドームなどを用いて否認する事が大事ではありますが、中にはコンドームが破けていた、レイプされた、などといったように注意していても望まない妊娠をしてしまう可能性がある時もあります。
そのような時に用いるのがアフターピルであり、妊娠した可能性がある性行為から72時間以内にアフターピルを服用する事によって大幅に妊娠してしまう確率を下げる事が可能となります。
ただ、アフターピルを日本で手に入れる場合は、通常は産婦人科に行って処方して貰わなくてはならないですが、アフターピルを手に入れたくても、病院に行ってアフターピルを処方して貰うのは抵抗がある、病院に行く時間が無い、などといった人もいます。
そのような人たちがアフターピルを手に入れる方法として通販サイトを利用するという手もあります。
ただ、一般的な市販薬の様には購入する事が出来ないので、個人輸入代行業者を介して海外から購入しているのです。
本人が使用する目的で医薬品を海外から輸入する事は違法では無く、そうした通販サイトは直接自分たちで製品を取り扱って販売しているのではなく、海外の販売業者から購入する際の必要な手続きを代わりに行う事によって簡単に個人輸入が出来るように手伝っているのです。
病院に行って処方して貰う手間が無いので通販サイトで手に入れるメリットも大きいのですが、注意しておかなければならない事としてそうした通販サイトは偽物を販売している事も多いという事が挙げられます。
偽物を手に入れないように安易に通販サイトを利用する事は避け、信頼の出来る業者であるかどうかをきちんと調べた上で利用するようにした方が良いです。